35歳 婚活

35歳女性の妊娠と確率について

35歳女性の妊娠と確率について

婚活 女性 妊娠

 

女性は若ければ若いほど妊娠しやすいと言われてきました。

 

実際自然妊娠が成功する確率は、30代以上より20代以上の方が高いという結果が出されています。

 

そのため事実であることに変わりはないのですが、
30歳以上だからといって妊娠しにくいというわけではないのです。

 

Atlantic誌に掲載されたレポートには、『28歳から37歳の間に妊娠の確率は4%しか低下しなかった』という研究結果が載せられました。

 

芸能人の発言によって大きく報じされた「羊水の濁り」についても、
実際には35歳以上は透明できれいな羊水のままなのです。

 

そのためイメージほど30代後半の出産は難しいものではありません。

 

確かに40歳以上になると高齢出産と言われ、
お腹の赤ちゃんに何らかの影響を及ぼす確率や自身の体に負担がかかる確立高くなります。

 

やはり赤ちゃんを産むには若い体に超したことはないのですが、
年齢にこだわり過ぎて体にストレスを溜めてしまうのもいけません。

 

また一つの大切な命を授かっているのですから、
医師と相談しながら出産に向けて安心した心構えができることが大切なんですね。

 

日本では5人に1人が35歳以上で出産しているとのデータが出ています。

 

それだけ35歳以上の出産は珍しいことではなく、危険なことでもありません。

 

しかし女性の卵子は年齢と主に劣化する傾向にあるため、
妊娠が成功する確立が低くなってしまうのも事実です。

 

卵子の状態は意識してどうこうなる問題ではありませんが、
体内のホルモンを整えておくことや妊娠に効果的な栄養素を取ることによって確立を上げることができます。

 

流産を経験している人の中には、
不妊治療を行わずサプリメントを服用していただけで妊娠に成功したというケースも挙げられています。

 

高齢出産の定義としては35歳を過ぎた時点とされていますが、
あくまでこの年齢は目安に過ぎないのです。

 

35歳を過ぎたからといって妊娠できない訳でもありませんし、
ニューヨーク州の産婦人科医は「可能であれば30代はじめでの妊娠を目標にすることが望ましい」と発言しています。

 

「高齢出産」という言葉に囚われず、積極的に産婦人科に相談してみると良いでしょう。

 

TOPに戻る

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 当サイトイチ推し 本気で結婚考えるなら 年下の彼氏が欲しい! パーティーならココ