35歳 婚活

35歳〜39歳女性の平均年収って?

35歳〜39歳女性の平均年収って?

婚活 女性

 

国税庁「民間給与実態統計調査」によると、
35歳〜39歳女性の平均年収は292万円という結果が出されています。

 

もちろん職業や地域によって収入額は大きく異なるため、
全ての女性の年収が292万円ではないのですが、
決して高いとは言えない年収です。

 

平成11年の312万円と比べると平均額が大幅に落ちているのが見て取れます。

 

女性の社会進出が進んだ近年でも、
まだまだ女性への待遇は低く福利厚生が充実しきれていないのが現状です。

 

転職をしても男性が結婚相手の女性に高い年収を求めることはほとんどありませんが、
景気が悪く共働きが多い現代ではこれも一つの条件として考えている方もいるでしょう。

 

因みに35歳〜39歳男性の平均年収は505万円です。

 

また35歳以上の女性の貯金額も人によって様々なので、
平均でもこれといった数値を出すのが難しいようです。

 

しかし性別関係なく年齢別の平均貯金額データ(楽天発表の2011年ランキングより)が存在します。

 

すると35歳の平均貯蓄額は7,153,000 円という結果が出されました。

 

上記のように男女で年収の差が大きいため、
平均貯金額といっても女性の場合はここまで貯金額が高い人は少ないと考えられます。

 

しかし人によっては手取り20万円で1000万円の貯金を持っている方もいるため、
データ結果を鵜呑みにしないことが大切です。あくまでも参考程度にしておくとよいでしょう。

 

今では結婚したから養われるという風潮は古く、
女性も経済力を持っていなければ結婚することが難しいようです。

 

男性の収入だけでは結婚生活をやりくりするのは苦しく、
共働きをする家庭が非常に多いです。

 

仕事に没頭しすぎるのも結婚を遠ざけてしまう原因になりますが、
経済力が低くても結婚を遠ざける原因になるため手に職を付けることが大切です。

 

男性からすると、貯金額が300万円あると安心して結婚が出来ると考える方もいるようです。
年収が低くても、結婚を希望する方はコツコツ貯金をしておく必要がありますね。

 

トップに戻る

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 当サイトイチ推し 本気で結婚考えるなら 年下の彼氏が欲しい! パーティーならココ